読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構築サーキュレーション

ツイッターでのまとめや走り書き

よえーやつの勘違い

例えば普段最終レートが2100乗る人が居るとする。
そいつが1700代で5割5分の成績だとする。
これは何が問題か?

1.メタ
2.構築
3.立ち回り
4.選出

多くの人は1ないし2と答えるだろう。
普段もっと上のレート帯で勝てるんだ、自分がこんな弱い相手に負けるのはそのせいだ。
なるほど、確かに上位へ刺さる構築を使って予期せぬ相手が出てくるのは苦しい。
同様に新しい構築でまだ未完成であるのかもしれない。

しかしながら現実的に考えて弱い相手であろうと考慮外の構築であろうと負けるのは3か4である。
1700代で勝率が悪い時それを見返して完璧な選出や立ち回りをして負けることがいくつあるか。
完璧ではないにしろ負け試合に改良の余地がない方が少ない。
もし改良の余地の余地が全くないときに初めて1や2という決断が下せるわけで、安易に下せる決断ではない。

というのは自分への戒め。
ここ1週間で10個以上違う構築回してるけど、絶対的に練度不足。
改めて自分の弱さを思い知りました。